カテゴリ:国内旅行( 6 )

長崎・世界遺産端島(軍艦島)のメッセージ

コトブキ観光 サノヨイヨイです。


今年も長崎へ。
今回は世界遺産・端島(軍艦島)に行ってきました。

あえて端島(軍艦島)と書いたのは

軍艦島=廃墟見学・見世物のイメージを払拭したいと思ったからです。

a0178666_20190623.jpg

今回縁あって、端島出身者で『軍艦島を世界遺産にする会』

坂本道徳 理事長の解説にて見学をしました。

a0178666_20193573.jpg

『生まれ故郷・ふるさとであり、日本を支えたエネルギー産業の遺構でありながら、うち棄てられたこの場所・この風景』は


『今なお避難が続き、ひと気のない福島原発の避難地域と同じよう』であり

この島の、過去からの静寂のメッセージが

『未来の日本において、子どもたちに故郷を
 捨てさせるようなことにならないように、
 今何を考え、何ができますか 』と
 訴えてるようには感じませんか。

a0178666_20195803.jpg

『 暑さであおぐ 団扇の手を10秒、 止めてみてください。』

かつて繁栄を期し、人々の歓声と機械の音であふれていた
この場所で今、
80名の見学者を包むのは、
まったく音のしない 静寂。 その静寂から伝わる、何か。

a0178666_20202501.jpg

一緒に見学した皆さんも、満足していた様子でした。
ちょっと重かったかもしれませんが、

この重さは、明るい未来を担う者へのメッセージ。


心して受けたいと思いました。


[PR]
by kotobuki-kankou | 2016-10-03 20:27 | 国内旅行

長崎の鐘がなる

ブログはお久しぶり~の佐野ヨイヨイです。

皆様にタップリとご愛顧頂いて、寸暇を惜しんでお仕事させていただいております。
振り返らずに走り続けてるので、うっかりブログのことを忘れておりました・・。

秋田の康楽館や、青森下北、新作歌舞伎のアテルイが印象的だった初夏。
ガイドさんに『ブログに書いてね!』といわれてたのに、ゴメンなさい。

夏から秋にもいろいろありすぎて
ちょっと振り返っても泣けるほどのことばかり。

とりあえず一番最近で印象的だったのが
世界遺産候補の『長崎の教会群とキリスト教関連遺産』の旅。
五島列島まで足を延ばしてきました。

飛行機で隣の席のトシエ姉さんに
『二十歳の娘が4人だと思やぁいい』と微笑まれて
そのセンスに笑ってしまった。
そうだよね~そう思うと、何時までもかわいいよね~
でも『ハタチ4人じゃ足りないよ~』と周りから突っ込まれてました
(元気な90才)。

気になったこと
何となく『世界遺産観光ブーム』的になっていますが、今回訪問してみて
『ここは信仰の場所・神聖な地。できればそっとしといて』
という気分になりました。
a0178666_22251073.jpg

興味がある皆さんには是非、来年初夏(予定)の決定より前の訪問を強くお勧めします。
今までの土地と違い、元々観光地ではありません。
大勢の観光客を受け入れる土壌がありません。
フィーバーには対応できないように感じます。
a0178666_22255853.jpg

400年以上前の布教から、江戸時代の禁教時に教えを守り通し、
明治初期の言語を絶する弾圧をへて、
世界的にもまれな『奇跡の信徒発見』へとつながる宗教遺産。

皆さんにしっかり見てほしい、歴史とひとの思いを感じてほしい。
落書きしたり平気でごみを捨てたりするおかしな人が
来てしまうのが恐ろしいです。
a0178666_22262378.jpg

『長崎巡礼センター』さんに今回3日間ご案内をお願いしました。
とっても楽しく、とっても真面目に案内してくれました。
来年は引く手あまたでしょう。
是非お話を伺ってみてください。

長崎巡礼センター
http://www.nagasaki-junrei-center.jp/
[PR]
by kotobuki-kankou | 2015-10-31 22:27 | 国内旅行

ニッポンを、遊びつくせ!って勢いよく前進~

サノヨイヨイです

イキナリですが、新しい国内旅行のキャンペーンが始まります。
ちょっとご紹介しますね~♪ タイトルは

a0178666_21301293.jpg

http://asobitsukuse.jp

須藤元気さん率いるパフォーマンス集団『WORLD ORDER』のスペシャルムービーは金沢編。http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=vQosBq6B9hU

↑誰も見てないなら、こう歩きたくなるな、ボク

~なるほど、黄金の国・ジパングと呼ばれていたのもうなづける。

 東西南北、ご当地ならではの魅力はつきない。
 春夏秋冬、四季の彩り、旬の味わい。
 朝昼晩、あけぼのの美しさに驚き、夜空の美しさにため息をもらす。
 365日、24時間遊びつくせるのがニッポン。
 露天風呂からながめる月星をまぶたに、畳のうえでゆったりと眠りにつく。
 泊まらないと出会えない魅力に、もう世界は気づきはじめている。

 あなたは知っているか?
 たとえば石川県。
 加賀百万石の洗練を極めた文化、日本海を母とする雄大な自然。
 そして北陸新幹線、金沢開通へ。

 モダンと歴史がじょうずにミックスされた、
 まさにニッポンの観光地を遊びつくせ! ~

というわけで、いい日旅立ち♪ ですよ~


[PR]
by kotobuki-kankou | 2014-05-27 21:39 | 国内旅行

静岡の歴史をちょっとたずねて

コトブキ観光 サノヨイヨイです
2014年もハリキッて生きたいと思います
よろしくお願いします

まずはイベントのご紹介
歴史や地名の本などを眺め、いろいろと妄想タイムトリップ
しながら町を歩くのが楽しい、中年のおじさんになって来ました
(自分では正常進化だと思っています)
静岡はふる~い歴史が残る町なのですが
残念ながらその面影は失われてきています
そんな静岡で最近注目のスポットは『ミス・カニンハム』
知ってますか?

メンソレータムの会社を作ったアメリカ人近江商人で建築家の
ウィリアム・メレル・ボーリズ(日本名:米来留めれる)さんが
静岡に残した3棟の住宅。
旧マッケンジー邸:国登録文化財・昭和15年施工
旧エンバーソン邸:市指定有形文化財・明治37年施工
そして旧英和女学院宣教師館(=ミス・カニンハム)・昭和25年施工

宣教師でもあったヴォーリズさんが大切にしたのは、
耐震性、住む人の心の教育、健康、経済性、そして質とのこと。
大正時代から建て続けた1400以上の建築物は、一棟一棟が
神様に捧げた信仰心の表れという人もいます。

会合や食事会、打ち合わせなどで何度かお邪魔していますが
とても居心地がよくて、いつも長居をしてしまいます
そんなミス・カニンハムは、私の尊敬する先輩ご夫婦が
実際に住まいながら守っていらっしゃるので
普段は見学ができません。
興味がある方は、特別見学の機会などに是非ご参加ください
近日実施のもので簡単に申し込めるものは、例えば下記の通り
1月31日(金)17:00~18:30
『魅惑のスペイン』
 スペイン在住40年、河野兵部ギターコンサート
 @2,500円(お菓子とコーヒー付)
 申込先:創企画舎(そうきかくしゃ)
 電話:054-245-8420
 詳しくはオフィシャルブログ『西草深 ミス・カニンハム』
 http://miss-cunningham.com/
 をご参照ください。

2月15日(土)9:00~15:00頃
『建築家と一緒に街へでかけよう!』
 静岡に残るヴォーリズ建築を訪ねるバスツアー
 @3,000円(昼食含む)
 申込先:公益社団法人 日本建築家協会東海支部静岡地域会
 電話:054−221−8855
 詳しくはJIA静岡HP内 建築フェア2014
 http://shun.muse.weblife.me/jia2014.html
 をご参照ください。
a0178666_21164730.jpg



[PR]
by kotobuki-kankou | 2014-01-14 21:19 | 国内旅行

絶景がごちそう 新装 日本平ホテル

お久しぶりです。サノヨイヨイです
先日、日本平ホテルの新装内覧会に行ってきました

ズバリ、

『静岡に来てよかった~!』

っと絶叫してもらえそうな (普通しませんが)
素晴らしいホテルです

ロビー、宴会場、客室、ラウンジ
窓越しに見る『額縁の絶景』を楽しみましょう
a0178666_1413963.jpg

25m x 10m のロビー~ダイニング『ザ・テラス』の巨大な窓(の一部です)

世界核軍縮会議などの国際会議なども目白押しです
意外にもスーペリアクラスの『日本平ツインルーム』はお値打ちですよ

本日9/19グランドオープンです!
[PR]
by kotobuki-kankou | 2012-09-19 14:03 | 国内旅行

東京スカイツリー450m

サノヨイヨイです

東京スカイツリー、とても楽しいです!
足元はグーグルマップ状態(人工衛星から見ているよう!)
a0178666_20572596.jpg


学生時代、電車の窓からの風景は見渡す限りビル、ビル、ビル。
『地平線まで建物かぁ~』
と田舎もん丸出しで口に出てしまったものでした。

ヘリコプター遊覧でもしなければ見られなかった
見渡す限り地平線までビル、ビル、ビルが
ここから一望です。

今は駿府静岡歴史楽会のおかげで
見える風景の中に江戸時代の名残を探して
人より余計に楽しんでいます。
a0178666_20575857.jpg


帰りたくない~、でも添乗員だから一足先に動かねばならぬ~。

これから見学の皆様には、是非宿泊プラン(展望台入場付)での
”たっぷり見学”をお勧めします!
[PR]
by kotobuki-kankou | 2012-07-04 20:59 | 国内旅行