パスポート取得応援@10,000円!キャンペーン

サノヨイヨイです。
日々旅にして、足袋をすみかと・・しておりません。


若さ + 旅 = !?! の面白さがありますね。

“若者と旅”の検索で出た電通若者研究部(通称ワカモン)の記事によると、
若者の一部は、こんな旅をしているそうです。


◆「東海道五十三次53泊の旅」
 (東海道五十三次のかつての宿場町をたどりながら、出会った方のお手伝いをする代わりに泊めてもらう旅)
◆「草間彌生に溶ける旅」
 (水玉の服を着て草間彌生の作品や育った街を見に行く)
◆「各国の政治や国際観を地元住民に尋ねる旅」
◆「駅寝の旅」(田舎の無人駅に野宿する旅)
◆「着物で奥の細道旅」


自分の興味関心に応じて自分でさまざまなコンセプトを設定して旅する。
だから旅に『タイトル』がついているそうな。


我々も旅行コースにはタイトル(中には隠れタイトル)をつけて
作りますので、その面白さが良~く分かります。

詳しくは ※記事全文HP をご参照ください。
https://dentsu-ho.com/articles/3071


というわけで
『若者よ!旅に出よ』とか『カワイイ子には旅させよ』とか言いますが
若者を金銭的に応援する企画がこの夏、イロイロ限定で発表されました。
ご紹介します。

(注)
7/15より応募開始&300名限定なので、申込該当者はなるべく
7/14までに準備しておいてくださいね。

その名も
【 旅立てわかもの2017 】
(パスポート取得応援キャンペーン)
条件を満たして応募すると先着300名に10,000円プレゼント!
ワォ!、若返りたい。今は気持ちだけ。

a0178666_20221732.jpg
応募条件
(1)2017年4月1日現在、日本国内在住かつ満12歳以上25歳未満で
(2)2017年1月1日以降、日本国旅券(パスポート)を新規取得または更新し
(3)キャンペーン期間(2017年7月15日~2018年3月31日)中に、
   JATA会員旅行会社が企画・実施する「成田発便を利用する募集型企画旅行
(パッケージツアー等)」で、海外旅行へ出発した方
※応募時に、パスポート顔写真ページ、旅行会社名がわかる旅程表(旅のしおり等)、
成田出発便搭乗券のデータ(PDFや画像等)を提出いただきます


応募方法
(1)必要事項を入力のうえ、クイズに回答してご応募ください。
(2)応募期間:2017年7月15日~2018年4月15日


詳しくはHPをご参照ください。
http://www.nrtpassport.com/index.html


もちろん旅行の申し込みはコトブキ観光でね!
韓国12,800円~、台湾24,800~、香港34,800~、バリ37,800円~、シンガポール39,800円~、ベトナム42,800円~など
5万円以下の廉価でも安心な、シンプルな海外旅行、ありますよ。
大手でもJTBのお買い得旅、日本旅行の行っ得、などなどはじめとして
安心のベースの上でお値打ちなプランならおススメです。

a0178666_20224945.jpg
万が一のときに、現地でのフォローアップが円滑にできることを基準に
ツアーの販売やオリジナルプランの作成をしています。
親御さんも、その点では安心できるかと思います。
(親としては、どこで何してても心配なモノですが・・)
安さだけを重視した旅行を選んでしまって、そのせいで悔し泣きするようなこと。
近年大きなニュースになっていますが、そんな思いはうちのお客様には
絶対させたくありません。

私の欧州旅行が湾岸戦争の頃で(イギリスは多国籍軍で参戦)
自転車と帰りの航空券だけで渡り歩いていたため、
ノンサポートで心配かけてました。
申し訳なさ半面、それも含めてたいへん多くの学びがあり、ありがたさ半面。


・・・失敗から学ことこそ、若者の旅、かもしれないんですけどね・・。
私は未だに失敗から学んでばっかり。
頭と体は中年ですが、心は若者ですから~?。


[PR]
# by kotobuki-kankou | 2017-06-29 20:25 | 海外旅行

地元ガイドが案内する、バンコク路地裏サイクリング

最近欧米人を中心に人気のあるという
コーバンケッセル主催のサイクリングツアーに参加しました。
(他にも十数社あるようです。)
案内は英語ですが、私にも何とか理解できました。

ママチャリです。イエローカラーが目立って良いです
ガイドはちょっと新城選手似のマーイさんです。
a0178666_18501438.jpg

路地裏から
a0178666_18400295.jpg

川沿い(大河チャオプラヤ川。自転車道?)
a0178666_18402303.jpg

さらには市場の中?!
a0178666_19064160.jpg
結構ご迷惑なはず、なんですが
やさしく笑顔で通してくれる人の多いこと。

大好きな自転車の上から感じた

チャオプラヤ川を渡る風

自動車リサイクル市場の油の匂い

大きなガジュマルの下
休憩した駄菓子屋の
瓶詰めアイスティー玉子バナナ
a0178666_18413641.jpg

バスツアーではなかなか来ない、バンコク一番の座像大仏様
a0178666_18420800.jpg

自転車ごと乗った渡し船
a0178666_18423595.jpg

クルンテープ(天使の都)と呼ばれるバンコク
微笑みの国 タイ王国
文字通り、肌で感じることができました。
ありがとうございました。
コーップクンカップ(合掌)

又参加したい。次のチャンスが楽しみです。
そして
日本各地でも様々な方の取り組みがあるようですよ。

地域の魅力を再発見できるサイクリングツアー
先ずは自分の地元から走りはじめてみては?


[PR]
# by kotobuki-kankou | 2017-02-03 18:35 | 海外旅行

シネマ歌舞伎 阿古屋 清水で解説付きが上映決定!!

コトブキ観光 サノヨイヨイです。

2017年も歌舞伎を応援します(キッパリ)

シネマ歌舞伎、知ってますか?

歌舞伎を映画館のフルスクリーンで
(比較的)リーズナブルに
役者の演技もドアップの一等席相当で(歌舞伎座なら18,000円!)
歌舞伎を見たことない方から、歌舞伎ファンまで
いろんな方に気軽に楽しんでいただけます。


1月の上映は 人間国宝・歌舞伎俳優(女方)坂東玉三郎さんの『阿古屋(あこや)』
琴・三味線・胡弓を舞台上で役者自らが演じる(阿古屋という人物を演技と演奏で表現する)
女方屈指の大役といわれ、現在演じられるのは玉三郎さんただ一人。

a0178666_20303052.jpg
この度 新企画として、なんと
『上映前に特別に解説付き』というスペシャルイベントが
清水で開催されます( Oh!やさしい )。

2017年1月18日(水)10:30~約20分間 / 上映は11:00~

講師は静岡市在住の歌舞伎研究家、藤浪俊夫先生です。


*** 以下・引用です ***

(詳細は松竹のHPをご参照くださいね)
http://www.shochiku.co.jp/cinemakabuki/news/2016/12/_1_75.html


シネマ歌舞伎の最新作『阿古屋』の公開を記念して、MOVIX清水にて解説付き上映の開催が決定しました!
英語字幕版の『連獅子』の上映や様々な取り組みが行われているMOVIX清水でのシネマ歌舞伎解説付き上映は初めての開催です。

講師には、清水伝統芸能研究会の顧問や数々の脚本の執筆で入選を果たしている藤浪俊夫氏をお迎えします。藤浪氏は近年、琵琶歌の制作にも取り組んでおり、「平家物語」に材をとる作品も複数執筆されている歌舞伎研究家の静岡を代表する先生です。

その一方で、静岡県内の中高生を対象にした歌舞伎解説、講師も数々勤められております。
今回の解説は貴重なお話を聞ける機会となることは、間違いなし!!源平の合戦の平家滅亡後をを描いた『壇浦兜軍記』という古典の傑作を、分かりやすく、より深く楽しめる機会になります。

*** 引用おわり ***


エスパルスドリームプラザ(静岡市清水区)の映画館
MOVIX清水(松竹系)でご覧いただけますよ。

2017年、まずは気軽に歌舞伎に触れてみては?

あっ、弊社でも前売り券取扱中です(宣伝)


予告編動画もあります(松竹HPより)
https://youtu.be/LjSwZYxL2bU


[PR]
# by kotobuki-kankou | 2017-01-05 20:34 | 静岡歌舞伎を楽しむ会

長崎・世界遺産端島(軍艦島)のメッセージ

コトブキ観光 サノヨイヨイです。


今年も長崎へ。
今回は世界遺産・端島(軍艦島)に行ってきました。

あえて端島(軍艦島)と書いたのは

軍艦島=廃墟見学・見世物のイメージを払拭したいと思ったからです。

a0178666_20190623.jpg

今回縁あって、端島出身者で『軍艦島を世界遺産にする会』

坂本道徳 理事長の解説にて見学をしました。

a0178666_20193573.jpg

『生まれ故郷・ふるさとであり、日本を支えたエネルギー産業の遺構でありながら、うち棄てられたこの場所・この風景』は


『今なお避難が続き、ひと気のない福島原発の避難地域と同じよう』であり

この島の、過去からの静寂のメッセージが

『未来の日本において、子どもたちに故郷を
 捨てさせるようなことにならないように、
 今何を考え、何ができますか 』と
 訴えてるようには感じませんか。

a0178666_20195803.jpg

『 暑さであおぐ 団扇の手を10秒、 止めてみてください。』

かつて繁栄を期し、人々の歓声と機械の音であふれていた
この場所で今、
80名の見学者を包むのは、
まったく音のしない 静寂。 その静寂から伝わる、何か。

a0178666_20202501.jpg

一緒に見学した皆さんも、満足していた様子でした。
ちょっと重かったかもしれませんが、

この重さは、明るい未来を担う者へのメッセージ。


心して受けたいと思いました。


[PR]
# by kotobuki-kankou | 2016-10-03 20:27 | 国内旅行

オクシズ・畑薙サイクリングは修行?

サノヨイヨイです。

今日は地元ネタです。
昭和世代の方、小学校の社会科で習いました?
平成の大合併以前、日本一広い“市”だったのは静岡市。

時代は変わりました。
現在は・・・5位・1411.90㎢
(1位は岐阜県の高山市・2177.61㎢@2015年国土地理院)
http://uub.jp/rnk/c_j.html

この広大な静岡市の北部エリアは南アルプス南部地域。
近年はリニア絡みのニュースでもおなじみ。
自然豊かな土地柄で『オクシズ』という名称で売り出しております。
http://www.okushizuoka.jp/

地元の魅力に触れるサイクリングコースを作りたい、というか走りたい。
 +
自転車乗りがかかる“道路の端っこが気になる病(笑)”
 +
このところ いろいろあって、ちょっと一人になりたい・・。
ということで
『静岡市の隅から隅までズズズイ~ットぉ、ラン・その1・北のほう(仮)』



ちょっと(というコースじゃないけど)いってみよう。
岡山の師匠の教え通り、出力30%で淡々と、目標タイム11時間(165㎞)。

新緑カラー(?)の大学のジャージを包みこむ、緑、緑、緑・・・。
予想どおり、前半の長い登りでは、
ただただ内省しながら走る、修行僧状態。
いろいろなことが浮かんでは消えます。

ペダルひと踏みごとにジワリと、汗と共に
心のなかのいろいろなものが絞り出される感じがします。

a0178666_0514041.jpg


スピードが格段に落ちるので、風を切る音は消えて
いろんな音に包まれていきます。

ハッハッとリズムを刻む呼吸にあわせてタイヤは鳴り、
枝々をわたる風のそよぎ、
鳥のさえずり (ウグイスやシジュウカラなど)、
湧き水のしたたり、
けもの(サル?シカ?)のガサゴソうごめき、
茶摘み娘、いや元娘(笑)の語らい、、。

だんだんと気持ちに余白が生まれる中に、オクシズのいろいろが
これまたジワリと入ってきます。
a0178666_0521494.jpg


そんなこんなで大日峠1117m。
通学チャリで初めて来て、あれから32年
道具は進化し、体は退化したもよう。
a0178666_052316.jpg

ここでまだ3割。

本村まで、しばし休憩の下り坂。
井川湖が見えてきた。
a0178666_0525714.jpg


井川ダム→、畑薙第二ダム→、畑薙第一ダム。
a0178666_0534197.jpg

登りが続くんだよな、わかってるけど。


井川大橋。この奥の林道、好きです。またオートバイで来たい。
a0178666_054103.jpg


やっと、やっと来ましたよ
a0178666_0542713.jpg


足がすくむ高さの畑薙第一ダム。大きい。
a0178666_0544452.jpg


お約束の端っこ、県道60号線終点・林道東俣線沼平ゲート
a0178666_0545763.jpg


折り返し。もう帰るんだよな
a0178666_056739.jpg

っ、て下り始めたら、嬉しいお知らせ
a0178666_0551341.jpg

静岡駅まで81.0㎞
井川ダム~富士見峠の登り500m付の、長い長い帰り道・・・。
次回来る可能性がぐっと減ります。


下るとすぐに静岡市営温泉『白樺荘』があります。
下見(?)を兼ねているので、ちょっと立ち寄って、手早く昼食と入浴
(写真なし)
とろろそば820円、入浴510円・つるつるスベスベのお湯でしたが、
案内書きにはヌルヌル、とあったような。
木質バイオマスボイラーの暖房で宿泊も可(要予約)です。
a0178666_0565935.jpg



意外と体が冷えていたようで、元気回復。
ウィンドブレーカーを着こんで出発します。

田代あたりでロード1台とすれ違い、
昼すぎて今から上るのか~、と健脚に敬意を表しつつ
淡々とダムへ。

ラスボス、富士見峠、行きましょう。
キノフィットのペダリングの再現意識10箇条と、
『遅くてもイイから美しくまわせ!』という金井夫人の激励(?)が
耳の奥で ぐるぐるします。

すでに出力30%以上は出ない状態で、峠をなんとか通過。

久しぶりの長い下り坂では、ボディバランス、タイヤの接地感、
ブレーキの感触が戻ってくるのを、存分に楽しみながら、写真も忘れて
『きもちえぇ!』
北島康介選手の顔を”違う”と振り払いながら下りました。
そんなに飛ばしていませんが、珍しく上助まで車一台にも抜かれなかった♪

安倍ごころ(静岡市営施設)で珍しく、レッドブルなどを飲みながら小休止(おつかれ)。
畑薙の白樺荘にいたカップルが、アレ?いるの?的な視線を送ってきたので
小さな優越感でもって、こちらもアレ?いるの?と思ってしまった(笑)

10時間半ほどで無事に帰着したころには、背中と太ももが重~くなったものの
心は軽~くなりました。

めでたしめでたし。

*(注意) 今回のコースは健脚向きです。
ヘタレな私は天候や諸条件が良い状況を見極めて出発し、状況を見極めつつ完走しました。
 (日没前にゴールできる時期、天気、気温、風向き、体調、服装および装備その他)

*補給箇所が少ないので、しっかり用意してください。
朝食は自宅で済ませ、昼食は白樺荘か本村で補給を予定。
水分は横沢・井川駅・本村ほかで残量を確認。当日は本村と安倍ごころで自販機を利用
a0178666_0575059.jpg

(この他にトーハト・オールレーズンを一袋持ち、ほとんど食べました)

*ルートを理解・情報収集したうえで
進退窮まる前に、引き返す勇気と判断を持ちましょう。
パンクなどのトラブルにも備え、自己完結できるようにしっかり準備してください。
 (当然ですが私は責任など一切取りません。最近の人のせいにし過ぎの風潮もxです)。

*サイクリングは自己責任で。 Enjoy yourself! 良い旅を
[PR]
# by kotobuki-kankou | 2016-05-17 01:44 | 静岡

長崎の鐘がなる

ブログはお久しぶり~の佐野ヨイヨイです。

皆様にタップリとご愛顧頂いて、寸暇を惜しんでお仕事させていただいております。
振り返らずに走り続けてるので、うっかりブログのことを忘れておりました・・。

秋田の康楽館や、青森下北、新作歌舞伎のアテルイが印象的だった初夏。
ガイドさんに『ブログに書いてね!』といわれてたのに、ゴメンなさい。

夏から秋にもいろいろありすぎて
ちょっと振り返っても泣けるほどのことばかり。

とりあえず一番最近で印象的だったのが
世界遺産候補の『長崎の教会群とキリスト教関連遺産』の旅。
五島列島まで足を延ばしてきました。

飛行機で隣の席のトシエ姉さんに
『二十歳の娘が4人だと思やぁいい』と微笑まれて
そのセンスに笑ってしまった。
そうだよね~そう思うと、何時までもかわいいよね~
でも『ハタチ4人じゃ足りないよ~』と周りから突っ込まれてました
(元気な90才)。

気になったこと
何となく『世界遺産観光ブーム』的になっていますが、今回訪問してみて
『ここは信仰の場所・神聖な地。できればそっとしといて』
という気分になりました。
a0178666_22251073.jpg

興味がある皆さんには是非、来年初夏(予定)の決定より前の訪問を強くお勧めします。
今までの土地と違い、元々観光地ではありません。
大勢の観光客を受け入れる土壌がありません。
フィーバーには対応できないように感じます。
a0178666_22255853.jpg

400年以上前の布教から、江戸時代の禁教時に教えを守り通し、
明治初期の言語を絶する弾圧をへて、
世界的にもまれな『奇跡の信徒発見』へとつながる宗教遺産。

皆さんにしっかり見てほしい、歴史とひとの思いを感じてほしい。
落書きしたり平気でごみを捨てたりするおかしな人が
来てしまうのが恐ろしいです。
a0178666_22262378.jpg

『長崎巡礼センター』さんに今回3日間ご案内をお願いしました。
とっても楽しく、とっても真面目に案内してくれました。
来年は引く手あまたでしょう。
是非お話を伺ってみてください。

長崎巡礼センター
http://www.nagasaki-junrei-center.jp/
[PR]
# by kotobuki-kankou | 2015-10-31 22:27 | 国内旅行

風の吹くまま、個人的な旅

佐野ヨイヨイです。今回は全く個人的な旅です、珍しく。

公私ともにいろいろなことがあったので、
リセットするためサイクリングに行ってきました。

『 さて どちらへいこう 風がふく 』

山頭火を気取るまでもなく、まったくのノープラン。
ペロッとした人差し指に、爽やかな西風を感じたので、西へと向かいます。
帰りに追い風になることを期待して。
期待通りにならないことも多いですが、それもまた旅です。

走りながら思いついて、旧東海道をなぞって走ることにします。
GPSにコースは入っていませんが、先日地図でたどった記憶を頼りに。
肝心なことを忘れても、遊びのことは多少残っているようです。
a0178666_22265080.jpg

丸子宿(宇津之谷宿は帰りに)、岡部宿、水守、藤枝宿、一里山、六合と
風情を残す街並み、松並木の木陰に初夏の日差しを感じつつ進みます。
島田宿の看板は志太倫理法人会のモーニングセミナー会場のビルに掛かっていました。
a0178666_22271234.jpg

その先の大井川渡し川会所
a0178666_22292163.jpg

お茶屋で一休み。瓶ラムネ120円がうまし。
地元の方が気さくに話しかけてくれました。
a0178666_22283652.jpg

様々な方が地域の歴史を大切に思い、守リ続けてくれているからこそ
旅人は昔も今も楽しめるのだろうな、などと感じつつ

青空に青と黄色が映え、真っ直ぐ突き抜ける大井川橋梁を渡って金谷宿へ。
a0178666_22294826.jpg

土手の下には牧之原開墾に命がけで尽くし、大勢の失業した川越人足を救った
幕末~明治の名士、仲田源蔵さんを讃える石像。
a0178666_22304737.jpg

もうすぐに包まれるであろう、茶畑の眩しい緑とお茶の香りはこの方のおかげ。
と、金谷宿を越えて石畳の脇の茶畑は中々の急坂。
ゼーハーゼーハー胸いっぱいお茶の香りを吸い込みました。
a0178666_2231946.jpg

いつも気になる民家の喫茶店は、次回の為にとっておき、菊川宿(間の宿)へ下って
すぐ小夜の中山への激坂へ。ここはパスしたかった。
けど旧東海道だから今日はパスできない・・・。
消耗しつつ10分程もがき、新緑の好展望を下って日坂宿。
a0178666_22312979.jpg

残る古い家並みの先、真っ青に白字で染め抜いた清々しい のれんが目に入りました。
a0178666_22314669.jpg

『日坂 岡パン』迷わず入ります。
出来たてカレーパンとあんこのパン(名前忘れ)を買い、
a0178666_2232775.jpg

走りながら早めの昼食、うまし。また来よう。

旧東海道をいったん離れ、逆川沿いの遊歩道をゆっくりと
掛川城を眺めながら流します。
適当に川沿いを走っていたら、うっかり未舗装路に・・。
比較的固く締まっているので、エコパを見つつそのまま行きます。
a0178666_22322545.jpg

袋井を過ぎ東海道へ復帰して、磐田の川合交差点で正午。約4時間。
そろそろ帰りのことも考えはじめないと、ホントに帰るのがイヤになってしまいそうです。
a0178666_22323630.jpg

とりあえず折り返し地点を旧見付学校と決めて、もう少し走ります。
見付学校では写真だけ取り(エラーで保存されてなかった・・)Uターンして
海が見たくなったので、GPSのルート検索で南へと向かいます。
このコースが偶然にも秀逸で、サイクリングにもってこいの田舎道。
小さな橋で川を渡り、田んぼの中のまっすぐな道を抜けて気持ち良く走ります。
a0178666_22325086.jpg

R150に出るともくろみ通りの追い風。車も思ったほど多くはないものの
海沿いを走りたくて太平洋岸自転車道へ。
これがまた絶品。今日はここを走るために出かけてきた!
と感激の青い空・青い海・白い砂浜、追い風に回る風車の列。
a0178666_2233556.jpg

言葉がありません。
信号も対向車もない風の中を笑顔で駆け抜けます。
この道は我々サイクリスト(と遊びに来た地元の人たち)の為の道。
シェアします。皆さん是非走ってみてください。但し向かい風を避けて。

原発付近で国道150号に出て、御前崎灯台方面へ。
この道は高校生の頃から大好き。
いつも通りに駆け抜けてしまうので写真がありません。

御前崎のなぶら市場で三時のおやつに海鮮そばを食べ
吉田町まで太平洋岸自転車道を走ります。
この区間はかつての静岡鉄道駿遠線の軌道跡です
a0178666_22333542.jpg

別に廃線マニアではないのですが、
ゆったりとしたカーブを描きながら、遠くへ遠くへと続く道は
なかなかのものです。但し、交差する市道が多いので
スピードは控えめになります。
a0178666_22335718.jpg

吉田町では新しいバイパスに接続して大井川太平橋を渡り、
かつての練習コース、焼津海沿いの県道を焼津新港まで。
大崩が通行止めの為、焼津駅北からは朝比奈川を眺めつつ
太平洋岸自転車道路で岡部役場裏まで夕陽の中を走ります。

宇津之谷峠は大正トンネルで越え国道1号、母の日のカーネーションを買って無事、帰宅。

ルートは後日アップ予定。
185km、実走10時間45分、平均約17km/h。
見学・休憩をとりつつとはいえ、走力の無さを再確認。
もう少しエンジンを鍛えないことには
日帰り琵琶湖一周のレベルには達しないようです。

でも当初の目的通り、心身ともにリフレッシュできました。
めでたしめでたし、かな。
[PR]
# by kotobuki-kankou | 2015-05-11 23:01 | 静岡

ラスベガスと岩手に行きたい

佐野ヨイヨイです

歌舞伎がラスベガス初上陸

映画オーシャンズ11にも出たラスベガス・ベラッジオホテルの屋外大噴水を舞台に
市川染五郎さんの“鯉つかみ”が上演されます。
a0178666_20182948.jpg

ポスターは・・・『ザ・海外公演』って感じですね
えっ、FIGHT WITH A CARP・・・
・・・鯉との戦い(直訳)・・・
・・・せめて鯉の“怪物・化け物
(MONSTERとかPHANTOM)”とかには、
ならなかったんでしょうかね?
別にいいですけど。
お盆のラスベガス、観に行けないし。
行きたいな。
a0178666_20184345.jpg

メインストリートでのお練りと鏡開きもあったそうです。
お酒は獺祭(だっさい)の四斗樽X2。
飲みたいな。
http://www.kabuki-bito.jp/news/2015/05/post_1396.html


そして7月の新橋演舞場が楽しみな!
『 阿弖流為 』
読めますか? アテルイです
a0178666_2019316.jpg

http://www.kabuki-bito.jp/theaters/shinbashi/ateruifl_201507_f.jpg?html
チラシの時点ですごい迫力。
劇画や流行りのゲーム?にも見えそうですが
さすが松竹さん、質感が半端ではないです。
a0178666_20191864.jpg

アテルイは1200年前の東北の英雄だそうです
平泉と花巻の間あたりに史跡が残っているそうです
征夷大将軍・坂上田村麻呂との戦いのドラマ。
観たいですよ。中村屋!高麗屋!!

おっと、7月は歌舞伎座で
玉三郎さんと海老蔵さんの切られ与三、猿之助さんも出るんですよ。
a0178666_20242122.jpg

両方行きたいじゃないですか。
どうしましょう?!
[PR]
# by kotobuki-kankou | 2015-05-08 20:30 | 静岡歌舞伎を楽しむ会