風の吹くまま、個人的な旅

佐野ヨイヨイです。今回は全く個人的な旅です、珍しく。

公私ともにいろいろなことがあったので、
リセットするためサイクリングに行ってきました。

『 さて どちらへいこう 風がふく 』

山頭火を気取るまでもなく、まったくのノープラン。
ペロッとした人差し指に、爽やかな西風を感じたので、西へと向かいます。
帰りに追い風になることを期待して。
期待通りにならないことも多いですが、それもまた旅です。

走りながら思いついて、旧東海道をなぞって走ることにします。
GPSにコースは入っていませんが、先日地図でたどった記憶を頼りに。
肝心なことを忘れても、遊びのことは多少残っているようです。
a0178666_22265080.jpg

丸子宿(宇津之谷宿は帰りに)、岡部宿、水守、藤枝宿、一里山、六合と
風情を残す街並み、松並木の木陰に初夏の日差しを感じつつ進みます。
島田宿の看板は志太倫理法人会のモーニングセミナー会場のビルに掛かっていました。
a0178666_22271234.jpg

その先の大井川渡し川会所
a0178666_22292163.jpg

お茶屋で一休み。瓶ラムネ120円がうまし。
地元の方が気さくに話しかけてくれました。
a0178666_22283652.jpg

様々な方が地域の歴史を大切に思い、守リ続けてくれているからこそ
旅人は昔も今も楽しめるのだろうな、などと感じつつ

青空に青と黄色が映え、真っ直ぐ突き抜ける大井川橋梁を渡って金谷宿へ。
a0178666_22294826.jpg

土手の下には牧之原開墾に命がけで尽くし、大勢の失業した川越人足を救った
幕末~明治の名士、仲田源蔵さんを讃える石像。
a0178666_22304737.jpg

もうすぐに包まれるであろう、茶畑の眩しい緑とお茶の香りはこの方のおかげ。
と、金谷宿を越えて石畳の脇の茶畑は中々の急坂。
ゼーハーゼーハー胸いっぱいお茶の香りを吸い込みました。
a0178666_2231946.jpg

いつも気になる民家の喫茶店は、次回の為にとっておき、菊川宿(間の宿)へ下って
すぐ小夜の中山への激坂へ。ここはパスしたかった。
けど旧東海道だから今日はパスできない・・・。
消耗しつつ10分程もがき、新緑の好展望を下って日坂宿。
a0178666_22312979.jpg

残る古い家並みの先、真っ青に白字で染め抜いた清々しい のれんが目に入りました。
a0178666_22314669.jpg

『日坂 岡パン』迷わず入ります。
出来たてカレーパンとあんこのパン(名前忘れ)を買い、
a0178666_2232775.jpg

走りながら早めの昼食、うまし。また来よう。

旧東海道をいったん離れ、逆川沿いの遊歩道をゆっくりと
掛川城を眺めながら流します。
適当に川沿いを走っていたら、うっかり未舗装路に・・。
比較的固く締まっているので、エコパを見つつそのまま行きます。
a0178666_22322545.jpg

袋井を過ぎ東海道へ復帰して、磐田の川合交差点で正午。約4時間。
そろそろ帰りのことも考えはじめないと、ホントに帰るのがイヤになってしまいそうです。
a0178666_22323630.jpg

とりあえず折り返し地点を旧見付学校と決めて、もう少し走ります。
見付学校では写真だけ取り(エラーで保存されてなかった・・)Uターンして
海が見たくなったので、GPSのルート検索で南へと向かいます。
このコースが偶然にも秀逸で、サイクリングにもってこいの田舎道。
小さな橋で川を渡り、田んぼの中のまっすぐな道を抜けて気持ち良く走ります。
a0178666_22325086.jpg

R150に出るともくろみ通りの追い風。車も思ったほど多くはないものの
海沿いを走りたくて太平洋岸自転車道へ。
これがまた絶品。今日はここを走るために出かけてきた!
と感激の青い空・青い海・白い砂浜、追い風に回る風車の列。
a0178666_2233556.jpg

言葉がありません。
信号も対向車もない風の中を笑顔で駆け抜けます。
この道は我々サイクリスト(と遊びに来た地元の人たち)の為の道。
シェアします。皆さん是非走ってみてください。但し向かい風を避けて。

原発付近で国道150号に出て、御前崎灯台方面へ。
この道は高校生の頃から大好き。
いつも通りに駆け抜けてしまうので写真がありません。

御前崎のなぶら市場で三時のおやつに海鮮そばを食べ
吉田町まで太平洋岸自転車道を走ります。
この区間はかつての静岡鉄道駿遠線の軌道跡です
a0178666_22333542.jpg

別に廃線マニアではないのですが、
ゆったりとしたカーブを描きながら、遠くへ遠くへと続く道は
なかなかのものです。但し、交差する市道が多いので
スピードは控えめになります。
a0178666_22335718.jpg

吉田町では新しいバイパスに接続して大井川太平橋を渡り、
かつての練習コース、焼津海沿いの県道を焼津新港まで。
大崩が通行止めの為、焼津駅北からは朝比奈川を眺めつつ
太平洋岸自転車道路で岡部役場裏まで夕陽の中を走ります。

宇津之谷峠は大正トンネルで越え国道1号、母の日のカーネーションを買って無事、帰宅。

ルートは後日アップ予定。
185km、実走10時間45分、平均約17km/h。
見学・休憩をとりつつとはいえ、走力の無さを再確認。
もう少しエンジンを鍛えないことには
日帰り琵琶湖一周のレベルには達しないようです。

でも当初の目的通り、心身ともにリフレッシュできました。
めでたしめでたし、かな。
[PR]
by kotobuki-kankou | 2015-05-11 23:01 | 静岡


<< 長崎の鐘がなる ラスベガスと岩手に行きたい >>